好待遇の職業に転職をしましょうね

転職希望者を引き留める心理

好待遇の職業に転職をしましょうね
転職を実現するにあたって大変なのは次の就職先を見つけることですが、元の会社を辞めるということも、その会社でしっかり仕事をしていた人であればあるほど大変です。転職の詳細を言わなかったとしても退職することをいつか会社に伝えなければいけません。その時に上司などが引き留めてくることは多いはずです。ある意味、まったく引き留められないのはさみしいもので、その場合はさっさと転職を決めて正解だったはずです。

問題は引き留められた場合です。中には自分が考えてもみなかったいい条件を出されて慰留される場合もあります。例えば、やりたいことがあるならどこでも好きな部署に転属させるからやめないでくれというような内容です。そうなると心が揺らぐかもしれません。確かに日本の会社の場合は特に、何も言ってこなければ不満がないだろう、優秀な人でも給料さえそれなりに評価してしっかりあげていれば急にいなくなることはないだろうと思っている節はあります。

その慰留の条件によっては考え直すことはあるかもしれません。しかし、引き留める側の心理と理由をよく吟味してから再検討に入った方がいいかもしれません。本当に自分のことを高く評価してくれていれば再度真剣に検討する価値はありますが、上司の都合、会社の都合でとりあえず今は手放したくないという可能性もあるのです。慰留されたら、する側の心理を読んでみることが大事です。

Copyright (C)2018好待遇の職業に転職をしましょうね.All rights reserved.